商品について

Q完売作品の再販リクエストはできますか?
A過去に製作したものは、材料が揃えば再度製作可能です。お気軽に問い合わせください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aすでに完成しているものは、ご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。 カスタムオーダーのドールは1週間から10日前後です。受注状況により、前後する可能性がありますので、メールにてお返事いたします。

配送について

Qお届け地域について教えてください。
A日本国内全国へお届けいたします。
Q
A

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2018/08/25 07:35

ALOHA !

NATURALOHA (なちゅらろは)の内田です。

ハワイ滞在もあと6日となりました!
最後に訪れた最大の試練?

今日は少し趣が違いますが、いつか誰かの役に立つかも
しれないと思いお届けします。そのテーマはこちら。



ハワイが警戒体制!!
ハリケーン『Lane 』大接近にどう対応する?




観光客の私たちが準備できる対策とは?



現地時間22日(水)からワイキキでもハリケーンの影響が心配されるようになりました。

我が家の水曜夕方恒例の『ホノルルファーマーズマーケット』も出店数が少なくなっていました。

これは、いよいよ本当に上陸するのか??と少し不安に。


ハワイでは良く見る光景ですが、緊急事態に水を買い占める人たちの姿があります。

特にローカルが使うスーパーなどでは頻繁におこっている様子です。


ただ来るぞ来るぞといいながら、来ないことが多いという意見もあって。。。

しかしながら、今回はショップ、オフィスにも23日、24日をお休みするという

ところが多数あり、本気な雰囲気を感じ始めてきました。


そこでファーマーズマーケットでハワイ在住のファミリーと待ち合わせした時に、

コンドミニアムでどういう対策をしていたほうがいいかを聞いてみました!!


1.水は一応用意しておいた方がいい


⇒ハワイでは高層のコンドミニアムに住んでいる人が多いので、

 水をくみ上げるのにも電気を使用する必要があります。

 ハワイの電力会社(HECO)はハリケーンが来れば停電は当然みたいな

 態度らしいので、水が出なくなるという不安はハワイの人たちには根強いようです。


⇒ちなみに我が家の感触では、ワイキキは水が買えなくなるということはなさそうでした。
 ABCストアにも常に水はありましたが、本当に暴風雨に入る時間帯は、ABCストアでさえ
 クローズしていたので、事前に多少の用意をするほうがいいのかもしれません。


2.食料の準備

⇒食料の買い占めはワイキキでもあったようです。ABCストアのデリコーナーや、
 おにぎり屋さんの棚は空っぽになったようです。
 我が家はコンドミニアムなので、お米などのストックはありますが、
 コンロが電気なので、加熱しなくても食べることができるものはあったらいいと思います。

3.水をためる

⇒バスタブに水を溜めておくことも教えてもらいました。
 水が止まるということは、お手洗いで流すことができなくなるということ。
 その際にバケツなどで水圧を掛けて流すためにも溜めておいたら安心とのこと。

⇒さらにジップロックなどに氷を作っておくことも教えてもらいました。
 停電になったときの冷蔵庫の中身を保存するのに使ったり、
 溶ければ水として飲めるとのことでした。

これならコンドミニアム滞在の観光客の我が家にもできることばかり!!
さっそく対応しました。


できる対策をしたら、無理せず待機!


教えてもらった対策をしながら、23日(木)はコンドミニアムで待機。

コンドミニアム内の放送で「なるべくエレベーターを使わないように」と。

停電になったら、エレベーターも使えなくなるということでしょうね。


そんな事態では、お部屋でのんびり過ごすというのもひとつ。

コーヒーとドーナッツでお茶したりしてました♡


息子と持ってきたゲームをしたり、刺繍の練習をしたり。。。
きっと後々、「ハリケーンでひきこもったよね」と、
いい思い出になるんじゃないかなぁ~と思っています。

お部屋にいても、外では警報がなり、危険な場所にはいかないようにアナウンスがあったり。

これまでにはない、ちょっとドキドキするワイキキステイとなりました。


ここは確かに世界を代表するリゾート地ではありますが、

自然の猛威には逆らえません。


せっかくのバケーションでも、怪我をしたら元も子もないですよね。

ハワイはまた来ることができると思って、安全に過ごしたいものです。


特に子連れで旅行をしている場合は、子供の安全第一で考えていきましょう。

明日は、その後の様子もお届けします(^▽^)/